カンボジアへの送り出しは準備が重要

カンボジアは多くの日本企業が人材の送り出しを行っている人気の地域ですが、人気の理由としては安い労働賃金にも関わらず、高い労働力を誇る事からで特に製造業での送り出しが多い地域でもあります。


また近年ではカンボジアに大手ショッピングモールが店舗を出店したりとサービス業として送り出しがされている注目の地域です。
しかし、多くに日本企業が進出をしていることもあり、最近では人件費も急激に高騰してきて、さらには工場における労働紛争の問題も相まって、新規参入を考えている企業にとってはより一層の戦略と準備が要求されるようになりました。

カンボジアの送り出し情報を集めました。

そんなカンボジアですので、新たに新規参入しようと考えている場合には徹底した準備が必要とされますが、その準備には現地スタッフの採用に際しての求人広告の作成から、契約書の作成、雇用後の環境作りなど様々です。具体的には現地の言語による求人広告の作成ですが、しっかりと募集している職種や必要とされるスキルと経験を明確に記載する必要があります。

次に採用した後には契約書にサインをしてもらう必要がありますが、これにはカンボジアの法律に沿った契約書を作成しなければならないので細心の注意が必要です。
最後に雇用後の定着率を高める環境作りも大切な仕事なので、それに関しても適切に行う必要があるのですが、これは日本国内では上手くいく方法であっても他の国では、その国も国民性や法律、習慣を熟視した上で行う必要があります。



このようのカンボジアへ人材の送り出しを考えている場合には、現地の特化した準備を進めていく必要がありますので、必ず専門家の意見を参考にして取り掛かるようにしてください。