勤怠管理は常に改善が必要

  • 勤怠管理システム導入の重要性

    • 勤怠管理とは、会社が社員の出退勤時間などを管理し、労務状況を把握する事です。有給や特別休暇などの休暇日数の管理も含まれます。

      教えて!gooをご紹介いたします。

      昭和の時代からは個々がタイムカードに時間を刻印し、人の手で集計するというアナログ方法が主流でしたが、現代ではIT化も手伝い、あれこれと変化を遂げています。



      現代の勤怠管理システムでは、GPSを使った携帯電話からのものや、イントラ端末のログイン・ログオフを使うもの、はては静脈認証システムまで、様々なタイプがあります。

      システムを導入することによって、出退勤を正確かつ厳格に記録し、さらにデータを分析して今後に役立てることができます。


      ただ、コストがかかりますので、自社の規模と、社員の業種別勤務スタイルに見合ったシステムを検討する必要があります。

      なぜこれほどまでに機械化に力を入れる必要があるのかといえば、労働時間の適正な把握と集計の手間の削減だけにとどまらず、他人による改竄をさせないことが重要であるからです。
      従来のタイムカードであれば、代わりに他の社員がタイムカードを押してしまえば、遅刻や残業の実態が後から証明できず、刻印してから仕事させるなどと、組織ぐるみのサービス残業となりかねません。長時間労働・サービス残業が当たり前の時代から、雇い主の管理体制が厳しく問われる時代へと変化してきています。


      定時退社を基本としたワークライフバランスをもとに各社員の意識を変えていくことも、勤怠管理の一部と言えます。



top