勤怠管理は常に改善が必要

  • 勤怠管理の目的について

    • 勤怠管理は給料を計算するために使用することもありますが、その主な目的は規定通りに勤務しているか確認をすることでもあります。勤務を確認するにはその実績を集めなければなりません。



      勤務時間を確認する方法としてはタイムレコーダーで出勤や退勤の時間を集めることになります。

      これまではタイムカードというもので時間数を計算していました。



      タイムカードは日々の出勤時間と退勤時間が明記されていてその時間数を計算することになります。
      タイムカードの場合は時間数の計算は手作業となります。

      出勤時間と退勤時間の差を計算して就労していた時間として計算するのです。
      やはり手作業で時間数を計算するとなると時間がかかってしまうということと、間違いも発生してしまいます。

      あなたのご要望に応じた教えて!gooの情報はここで調べよう。

      またタイムカードではすぐに時間数を確認できるようにするためには毎日全従業員の時間を手計算しなければならないためとても効率が悪い方法となるのです。

      勤怠管理の目的は労働時間が適切であるかどうか確認するために必要なものなのでいつでも従業員の勤務状況を確認することができるようにしておく必要があるのです。勤怠管理はタイムレコーダーから直接出勤時間と退勤時間が収集できるようにしておくことです。

      そうすることで勤怠管理はよりリアルタイムに集めることができるようにしておくと勤務時間数や残業時間も自動的に計算することが可能なので勤怠を管理するにはタイムレコーダーと勤怠管理システムと連携することです。

top