勤怠管理は常に改善が必要

  • 勤怠管理に必要な機能

    • 企業や店舗など様々なところで人は働いてその対価として給料をもらっています。


      その給料は働いた日数や時間数によって決まることになります。
      また一方で企業などに求められているのは適切な勤怠管理です。
      勤怠というのはいつ働いていつ休んだかということ、その働いた日の時間数と残業などの時間数といったことを把握して管理しなければなりません。
      働いた日数や時間数は労働基準法という法律で決められていてその日数や時間数以内でなければなりません。

      マイナビニュースのホームページをチェックしましょう。

      もし残業するような場合は会社と労働組合で協定を結んで労働基準監督署に届け出る必要がありますその上で残業時間の上限が決められるのでそれに違反しないようにも管理しなければならないのです。

      そのためにも勤怠管理が必要であり、基本的に時間数を管理するためには日々の実績を捉える必要があります。
      これは出勤、退勤したという時間をタイムレコーダーなどで記録する必要があります。



      最近はタイムレコーダーと勤怠管理を一つのシステムとして作り、タイムレコーダーで打刻をするとすぐにその人の時間として記録されるようになっています。


      この仕組みを使用すれば各従業員の毎日の出勤時間や退勤時間といった情報が記録されるので自動的に時間計算を行うことができるのです。


      勤怠管理ということで毎日の実績より週単位や月単位で確認することができるようになります。



      そしてその結果を給与計算に受け渡し作業を効率的に行うことができます。

top