勤怠管理は常に改善が必要

  • 企業の勤怠管理とはなにか

    • 私たちが働く企業において、社内のルールは必要です。
      特に勤怠管理の面ではしっかりとした制度をつくっておかなければなりません。
      企業によってはタイムカード自体を廃止し、すべて自己申告制度をとっているところがあります。

      しかしそれはあくまでも一部の企業であって、多くはいぜんとしてタイムカードなどで記録をおこなっています。
      社員の勤怠管理をするということは、企業の社員が健全な働き方をしているかどうか、という事を把握することにつながります。

      ずさんな勤怠管理では、いわゆるサービス残業がはびこってしまい、ついには社員の働く意欲を奪ってしまうことになってしまいます。

      その場合には職制を通じて注喚起を行い、時には厳しく指導ををする必要があります。



      そうしていかなければ、企業の経営に大きな影響をおよぼしてしまうことになってしまいます。
      それをおろそかにしていれば、労働基準監督所などへ訴えられるケースも出てくるでしょう。



      そうなると、企業経営のブランド価値は大幅にさがります。


      取引先からも自社の経営姿勢に疑問を持たれてしまいます。


      また業務の合理化をはかる意味で、このような管理面の強化とあわせ、勤怠集計を自動化していく展開も必要です。



      タイムカードで管理をするならば、カードを機械に通すだけですみますが、月末などの勤怠の締め日になると、総務などの部署ではたいへんな忙しさとなってしまいます。ひとつの方法として、各社員が毎日の出勤、退勤時刻をパソコン上の管理システムに入力することで、自動集計が可能となります。
      勤怠管理は今後の働き方を見つめるうえで大きなポイントとなります。

top