カンボジアからの研修生の受け入れ

現在日本国内の様々な企業ではカンボジアからの研修生の受け入れを行っています。

カンボジアの研修生はかなり有益な情報が揃っています。

これは広く東南アジアの国々からの若者を日本国内の企業で研修させると言う外国人技能実習生制度を利用している者として幅広い分野で行われています。

そのような国々の1つとしてカンボジアからも大勢の若者が来日しています。



従事することになる教師も非常に多彩であり、様々な機能を身に付けて母国カンボジアに戻ると言う流れになっているのです。

このような研修生の受け入れは日本が国として推進している制度として行われています。
その目的としては安い労働者の受け入れなどではなく、国際貢献活動の一環として東南アジア地域の若者と日本の結びつきを強化する目的で行っているのです。

研修生として学ぶ内容は日本の企業の様々な産業技術となりますが、それと同時に日本語や日本の文化を身に付けることが期待されています。
そのような人材が多く育つことによって日本とカンボジアの関係もより良いものになっていくと考えられているのです。


研修生制度は1年から3年程度の期間で行われる仕組みになっており、期限が来れば母国に戻ることになります。その後の活動は様々ですが、日本で学んだことを活かして働く場合もありますし、日本との関係性を生かして新しい働き方を見つける場合もあるでしょう。


いずれにしても日本人との結びつきを生かして互恵関係になることを期待しているものであると言えます。



日本が国家としてこの制度を推進する背景にはお互いの発展を願ってのものであると言えるでしょう。